借金地獄

多重債務に至る要因

多重債務の原因は、借金のために借金をして払うという自転車操業が大部分を占めています。返済が苦しくなると返済のために新規の消費者金融を利用して、更に融資額が一杯になると、また別のところを探すというような行為を繰り返します。これを続けると、審査は益々厳しくなっていきます。

当然、行き着くところは審査の甘い高金利の金融会社になってしまうわけで、あとは雪ダルマ式に借金が増えていくことになります。また、物欲に駆られてクレジットカードを多用し、債務超過に陥ってしまうというケースです。そうなると、月末に支払うお金が足りなくなり、消費者金融で借りて返済するというパターンです。

借入件数が多くなってくると毎月の返済も苦しくなってきます。そこで、返済のために新たな借金をして返済をしていると、ついには自転車操業に陥ってきます。
このような行為を繰り返していると、益々借入の際の審査が厳しくなってきます。

新たな借入をしていることや、何件も借入を申し込んでいることなどが逐一、信用調査機構にインプットされているからです。そうなると、貸してくれるところは審査の甘いヤミ金融の類になってしまいます。後は雪だるま式に利子が利子を生んで借金が増えていくことになります。

督促状が来た場合

金融機関

もしも消費者金融で借入している借金の支払いを履行出来なければ、先ず自宅あるいは勤務先に電話がかかってきます。その場合、うっかりミスといった類であれば「すみません、期日までに振り込みます」といった弁解で解決です。

しかし電話が通じなければ、自宅に督促状が届くことになります。督促状とは債務の弁済を促す行為で、その目的は、弁済を促すことの他、期限の利益を喪失させたり時効を中断させたりといった、様々な目的で用いられます。督促状は配達確認証明で送付されてきますので「受け取ってない」といった言い訳は通じません。

この督促状を無視していたりすると、遅延滞金といった高い利子を支払わされるだけでなく、事故情報として信用保証協会のブラックリストに掲載されたりもします。

こうなってくるとクレジットカードやローンが組めなくなってしまい、若いうちはまだしもいい大人になってクレジットカードの一つも所有していない様は、非常に情けないものです。

こんな状況にならないためにも、債権者側と支払いが履行出来ない状況をキチンと説明して、解決策を考えるほうがよいでしょう。また、債権者が債権回収会社へその債権を譲与する場合もあります。

そうなった場合、 聞いたことのない債権回収会社から督促状や最終通告などと書かれた書類が発送されてきます。こういった債権回収会社へ少額でも支払ってしまうと、消滅時効の関係でややこしくなりますので、支払いをする場合は専門家に相談されるとよいでしょう。

もしも裁判所から支払い督促状が送付されてきた場合、第一回目の支払督促状はまだ仮執行宣言が付された支払督促ではないので、督促異議申立書を提出すれば通常訴訟に移行することとなり、強制執行停止申立てをする必要はありません。

ただ、2回目の送達を受けた場合、2週間以内に異議の申立をしないと強制執行が可能となりますので注意が必要です。強制執行とは保有する財産の差押さえ、あるいは給与の差押さえなどです。したがって必ず簡易裁判所に異議申し立てをしなければなりません。

異議申し立ての手法が分からない場合には、支払い督促状を送付した簡易裁判所に問い合わせするとよいでしょう。