消費者金融

違法業者の手口

闇金融の中でも紹介屋と呼称される業者は、金策に行き詰まった多重債務者を貸金業者に紹介して法外の紹介料を巻き上げる手口です。実際は紹介屋無しで本人が行っても借りれる貸金業者を紹介します。

紹介屋の存在には、貸金業協会でもその対策に苦慮しており、業界全体の信用にかかわる問題として横たわっています。社団法人貸金業協会が全国都道府県に点在しており、この協会でサラ金業の行政指導を実施していますが、そもそも無登録の紹介屋の行為は違法行為であり、協会ではこれを貸金業者とは認知していないのが実態です。

銀行でお金が貸りれないから、高金利のノンバンクで借りて返済が滞り、厳しい取り立てに怯える債権者の苦慮が問題になっています。そもそも借金というのは、昔の両替商にしろ現在の銀行にしろ、商人たちが貸金業者から貨幣を借入れて仕入れをする。仕入れた商品を販売して金利より商売の利益が多ければ儲かります。銀行は預金で集めた人の金を貸して利益を得ます。つまり、この循環が社会の経済を豊かにしているということです。

それで商品が売れるから商人は更に借金をして仕入れを増やすので、世の中の景気が良くなります。 銀行は貸出金が増加してくると、預金高が減少して金利を上げざるをえなくなり、景気は悪くなります。やがて債権が回収出来れば、再び金利は安くなり景気は改善します。これが金融論の基礎ですが、そうならないのが現在の経済です。サラ金という生活のための借金があります。

商売のような生産性はない、ただの使い捨ての借金です。サラ金からの借金は債務者の利益を生む性質のようなものではありません。クレジットやサラ金の利用や各種のローンにしても、現在お金がないからとクレジットカードを使って商品を買い込み、やがて払えなくなるのは借金をした者の責任です。

街キンのようにサラ金は無理に貸付たり借りるよう勧誘するわけではありません。無計画に借りすぎて返済不能に陥り貸金業者を恨むのは筋違いと言う他はないでしょう。

借りやすい消費者金融とは

  1. 審査が甘い、口コミが多い、即日融資が可能
  2. 借り入れ件数が5件以上でも融資可能、専業主婦でもok

ざっとこんなところでしょうが、なかなかこのような太っ腹な金融会社は存在しません。勿論、このような条件ならば大手の銀行系や中小の消費者金融会社でも審査に通らないでしょう。

インターネットの普及で、今ではWebサイトから簡単に借り入れの申し込みができます。当日の14時までに申し込みを完了すれば、当日融資も可能です。一昔前までは、恥ずかしい思いをして金融会社の窓口に出向いたものですが、ネットキャッシングなら対面しなくても良いのです。

但し、勤務先への在籍確認と住居先への所在確認は窓口審査同様、あります。勤務先への在籍確認無しという業者は存在しません。