金融

インフレ・スパイラル

消費者が日頃直面する物価の変動は、通常の場合はそれほど大きなものではないでしょう。物価が上昇する(インフレ)といっても毎年せいぜい数%程度が現状ですし、物価が下落する(デフレ)場合も同様です。

しかし、毎年大幅なインフレまたはデフレがずっ継続していけば、日本経済はどのような事態が発生するか考えてみましょう。

まず、大幅なインフレが継続した場合、物価がどんどん上昇していきます。我々が買い物をする際、「今購入に来年購入すれば、この品物は値上がりしているはずだ。ならば今のうちに購入しておこう」と考えるはずです。

日本国民が皆同じような考えならば、その品物に対する需要が高まるので当然のように品不足となります。そして、実際に値上がりが発生していくでしょう。

そうなると将来の値上がりが確実なものと予想され、したがって消費者の買い急ぎが一層進み、さらに物価が上昇するという悪循環が続きます。しかも、品物の値段が上がれば労働者の賃上げ要求も高まるので、企業は品物の値上げを更に促進させていくこととなります。こういった現象をインフレ・スパイラルといいます。