金融

信販会社でのキャッシング

金融会社

一昨年に施行された総量規制以降、金融会社の貸し渋りが横行しています。特に専業主婦や多重債務者への審査は厳しさを増しており、事実上新規の借入は不可能な状態です。これはクレジットカードを主な営業源としている信販会社も同様です。

何故ならば、クレジットカードでのキャッシングは信販会社にも大きな営業利益を占めており、大手信販会社に至っては営業収益の半分近くを占めていたのです。また、その融資残高も大きく、5000億円以上の貸出残高を抱えている大手信販会社もざらです。

しかも、信販会社の利用者は消費者金融やキャッシング会社の利用者と比較すると、会社員の優良客が多く、融資の焦げ付きリスクも低く抑えられる傾向にあります。クレジットカード発行時の審査によって与信が済んでいますので、手間もかかりません。このようにして貸金業の面でも、信販会社は確固たる地位を築いてきたのです。

ただ、いつまでも好景気が続くわけもなく、過払い金請求によって信販会社の貸金部門も衰退していったのです。中には倒産の憂き目にあった信販会社も少なくありません。大手に吸収合併された中小信販会社も少なくありません。

無職でキャッシングは可能?

貸金業者の個人向け無担保融資とは、担保融資とは違って個人の信用を担保とした融資であることから、信用の無い人には融資は不可能です。信用の無い人で一番にあげられるのが、収入が無い人です。収入が無ければ返済も覚束ないのは必定で、貸す側にとったら当然回避するでしょう。

収入の無い人というのは、つまり仕事をしていない無職者のことです。無職を相手に融資をする貸金業者はまず存在しません。「無職でも融資可能」といった宣伝をして無職者への融資を持ちかけているのは、クレジットカードを利用した現金化とみて間違いないでしょう。クレジットカードの現金化は違法行為ですので、取り扱う業者も違法業者ということになります。

専業主婦でキャッシングは可能?

専業主婦の場合も収入が無い人間とみなされて、無職扱いとなってしまいます。総量規制が施行される以前は、夫の信用を利用して融資がされていましたが、夫に内緒でキャッシングする主婦が問題化され、専業主婦単独への融資は不可能となりました。もっとも、専業主婦の場合は無職者とはニュアンスが違い、夫の承諾があれば夫の信用でキャッシングも可能です。

どうしてもお金が必要な場合

無職でどうしてもお金が必要な場合は、まず身の回りの物で金目になりそうな物をかき集めて、質屋かオークションに出品することをお奨めします。中には結構高く売れる物もあることでしょう。それでも足りない場合は、親知人をあたって借金の申し出をします。それでも不可能な場合は、どこかの派遣業者に登録をして、働いていることにします。

貸金業者からの在籍確認がとれればokです。大手の消費者金融などは審査が厳しいのでこの手は通じませんが、審査のゆるい中小金融会社なら大丈夫のはずです。最初は貸付限度額も10万円くらいに設定されますが、毎月きちんと返済を履行していれば、少しずつ限度額も上がっていきます。